いますぐ登録したい方へ
⇩この記事から登録の多いスクールは以下です(各サイトに飛びます)
No.1 TECH::EXPERT【ライザップ式スパルタ学習環境】
No.2 GEEK JOB【無料かつ最短で就職】
No.3 DMM WEBCAMP【最強の就職決定力】


どうも、フリーランスエンジニアのりゅうけんです。


IT業界ではエンジニアが圧倒的に不足しており、その傾向は向こう10年でより顕著になっていくとされています。そんな中、プログラミングスクールもここ数年で沢山生まれました。おかげでプログラミングが随分市民権を得てきたように思います。


ところが、初心者からするとそれぞれのスクールのどこがどう違うのかわからなくないでしょうか?「おすすめプログラミングスクール20選」とか、読めば読むほど迷うと思うんですよね。


そこで今回は、現役フリーランスエンジニアの僕が全社徹底取材の上、「最終的にエンジニアとして就職または転職することを目的とする人」に最適なスクールを5つだけ選出してみました。※都度アップデートしてます


飽くまで「大人の習い事」としてスクールをチョイスしたいのではなく、エンジニアへのキャリアチェンジを経て、年収アップやフレキシブルなワークスタイルを手に入れたい方は、ここに全部答えを載せておきました。もうスクール選びに迷うのはやめましょう。

はじめに:プログラミングスクールはエンジニアへの最短経路

エンジニアを目指すのであれば、現状一番の近道は情報系の専門学校を卒業することでも、資格を取ることでもありません。プログラミングスクールに通うことです。


数年前までは、プログラミングスクールは「プログラミングを分かりやすく教えてくれる場所」に過ぎなかったのですが、近年、エンジニア就職のニーズが高まり、プログラミングスクールが就職サポートまで網羅するようになりました。


ITエンジニアは、弁護士や会計士などの士業と異なり、何年もかけて受験勉強したり下積みをしたりする必要はありません。スクールに通えばほんの数ヶ月の学習でエンジニアになれるし、2年程現場経験を積めばフリーランスとして高収入を獲得することも可能でしょう。


エンジニアという職業に興味のある方は、まずその入り口となるプログラミンスクールを検討してみてください。高卒であろうが、フリーターであろうが問題なし。それだけエンジニアは社会に求められていることが数字で証明されています。


受講形式について

プログラミングスクールの受講形式は、大きく「オンライン」と「オフライン」に分かれます。文字通り、前者はwebで自宅学習。後者は研修所に通って集団で学ぶスタイルになります。


ここでは、各受講スタイルの特徴と注意点についてまとめておきました。以下のおすすめプログラミングスクールを読む前に確認ください。


オンライン受講の特徴・注意点

オンライン受講の場合、他の受講生と足並みを揃える必要がなく、伸び伸びとカリキュラムを進めることができます。一人でもくもくとやれる人には適切です。また、現在仕事をしていたり、地方在住であったり、どうしても研修所に通うことが難しい場合はオンライン受講を選択することになるでしょう。


ところが、オンライン受講は、モチベーションを維持しにくいというデメリットがあります。プログラミングはさほど難しいものではありませんが、やはり初心者は誰かにペースを管理してもらった方が断然効率的に成長できます。


もちろんオンラインでも順当に成長し、就職できる人もいくらでもいます。ただ、現役エンジニアから意見を述べさせてもらうと、できればオフラインでの受講をおすすめします。


オフライン受講の特徴・注意点

オフライン受講の場合、多くは都内の研修所に通学するスタイルになります。昼間でも、夕方仕事が終わってから受講するケースなど様々。


オンラインと比較するとモチベーションを維持しやすいというのはもちろんのこと、チームで開発など、より実践的な内容に踏み込めるため、就職後の現場とのギャップを埋めることができます。


IT開発の世界には仕事の進め方全般に「お作法」が沢山あります。それを身を以て体験できるのはやはりオフライン受講なのです。


ただ、個人の進捗にはズレが必ず生じるし、言い方はアレですが周りに足を引っ張られることもなくはないです。それを避けたいならオンラインもアリですが、実際の現場でもそういうことは多々あるので、リアルな現場体験ができると思えば僕は必ずしも否定されるべきものではないと考えています。


オススメプログラミングスクールTOP5

それでは、規模、実績ともにトップクラスのプログラミングスクールをランキング形式で紹介していきます。(これらの順位は現役エンジニアである僕の個人的な評価や、当記事からの申込数などを元にしています)


おそらく、人によってどのスクールが最適かは全く変わってくるはずなので、よく読んで、自分にあったものをチョイスしてください。


登録から就職までの流れは基本的にどれも同じ。

1 Webからエントリー
2 担当のメンターと面談
3 受講
4 サポートを受けながら就職活動
5 就職

※2は簡単な試験を行う場合もあり
※3、4は同時並行で行われる場合もあり


どのスクールも本受講前に無料相談可です。適正診断やプログラミング体験などを実施してくれるスクールもあるので、2〜3個くらいに的を絞ったらまずはエントリーして様子を伺ってみると良いでしょう。


また、受講料が無料のものと、有料のものがありますが、いずれにせよスクールに支払った料金くらいはエンジニアになってしまえば回収できます。2年程の現場経験を積んでフリーランスになってしまえば、月収60万円以上なんて普通ですからね。


なので、最終的には料金よりも、学習スタイル(オンラインやオフラインなど)やメンターの人柄等も含め、自分の肌に合ったものを選ぶことをおすすめします。後悔なきよう。


No.1 TECH::EXPERT



学べる技術 HTML/CSS,JavaScript,Ruby,Ruby on Rails,AWS,SQL,Git
期間 2ヶ月半
価格 598,000円(税抜)※全額返金保証付
受講形式 オフライン
受講条件 特になし
教室 渋谷校・心斎橋校・名古屋校・ACROS福岡校
特徴 プログラミングスクール界のライザップ!

株式会社divが運営するTECH::EXPERTは古参プログラミングスクールで、教室も関東だけでなく、大阪、名古屋、福岡に展開しています。


他のスクールとは異なり、年齢や技術的理解の程度によってふるいにかけたりはしません。ゆるめの審査でほぼほぼ全員受講可能です。


普通はこのやり方だと挫折者がいっぱい出たり、就職決定率も下がったりするんですが、TECH::EXPERTの場合は、2019年1月末時点で学習完了率94.1%、転職成功率98.5%を記録しています。ちなみに、転職できなければ全額返金してもらえます。


なぜこのような驚異的な数値を記録しているかというと、まさにプログラミングスクール界のライザップかのような徹底的な進捗管理により、挫折したくても挫折できないスパルタシステムを持っているからです。


情報系の学部出身者だったり、すでにProgateやり込んでポートフォリオまで作ってる、「プロ未経験者」であれば、審査のハードルの高い他のスクールを受講すれば良いと思いますが、


大多数の「意思が弱めな人」には、TECH::EXPERTが最適な環境だと思います。最もコミットメントできる環境だと思います。


また、受講期間が10週間と、非常に短期集中型で、さっさと勉強してさっさと就職するという点も個人的には気に入ってます。必要最低限のレベルまで引き上げた上で、最速で企業に送り出してくれるスクール、という感じ。


POINT

意思の強さに自信のない人にはおすすめのスクール!全くの未経験で自信もそんなにない、という人にはうってつけ。

▼ 詳細はこちら

いますぐ登録したい方はこちら


No.2 GEEK JOB



プログラマーコース インフラエンジニアコース
学べる技術 HTML/CSS,Java,Ruby,Ruby on Rails,PHP サーバ、ネットワーク、クラウドインフラ、
データベース等のインフラ技術の基礎知識
期間 2ヶ月 2ヶ月
価格 無料 無料
受講形式 オフライン オフライン
受講条件 33歳以下限定(大学生も受講可) 33歳以下限定(大学生も受講可)
教室 九段下キャンプ・四ツ谷キャンプ※いずれも東京 九段下キャンプ・四ツ谷キャンプ※いずれも東京
特徴 完全無料で短期間で就職を目指すスクール! 完全無料で短期間で就職を目指すスクール!

完全無料で受講できるスクールの中で、「最短」で就職できるのがGEEK JOBです。「お金かけたくない」「生活費のため早く就職したい」というニーズを押さえたスクール。


受講開始と同時に、就職活動も並行して進めていくスタイルのため、早い人は1ヶ月以内で決まります。就職決定率は95.1%を記録。


コースは、プログラマーコースとインフラエンジニアコースを網羅しており、どちらも全2ヶ月のカリキュラムとなっていて、内容自体は「かなり掘り下げた内容」という感じではありません。


どちらかというと「広く浅く」です。他の無料スクールのプログラマカレッジは3ヶ月のプログラマーコースでJava,PHPを中心に学ぶのに対し、GEEK JOBでは2ヶ月でそれに加えてRubyもやります。


スクールで座学ばかりやってるより、早く現場を経験した方がスキルアップのスピードははるかに早いという考え方で、就職優先のため他のスクールと比べても基礎的な内容になのが特徴。


といっても、現場で働くにあたっての必要最低限のスキルは習得するので、2ヶ月という期間の短さもあって、ぬるいカリキュラムではないです。甘く見ない方がいいですね。


就職先企業が「未経験を採用して育てる」意思のある会社中心のラインナップのため、現場で右も左もわからないのに放り出されるみたいなことは少ないです。しっかりフォロー受けてステップアップし、リーダーを任される卒業生ももちろんいます。


コストパフォーマンスで言うと最強クラスのスクールなのでまず検討してみてほしいスクールです。


POINT

無料で受講したい!そしてなるべく最短でエンジニア就職したい人向け!

▼ 詳細はこちら
※プログラマーコース
※インフラエンジニアコース

いますぐ登録したい方はこちら


No.3 DMM WEBCAMP



学べる技術 HTML/CSS,JavaScript,Ruby,Ruby on Rails
期間 3ヶ月
価格 628,000(税別)
受講形式 オフライン
受講条件 特になし
教室 渋谷校・難波校
特徴 就職決定力最強!

株式会社DMM.comが運営するDMM WEBCAMPは、オフラインでの徹底的なサポート体制で就職率98%(2018年11月時点)という驚異の数値を誇り、エンジニア転職を目的とするなら最も安心感のあるスクールとなっています。


サービスに就職保証が付帯しており、受講料は無料ではないものの、万一就職できなかった場合、全額返金してもらえます。よって、運営側の就職サポートの本気度が違う。笑


対面による超手厚いサポートが受けられるのが特徴である一方、オンラインでの受講は不可で、東京(渋谷)か大阪(難波)のオフィスに通える人限定となっています。


カリキュラムは全3ヶ月で短めですが集中して詰め込みます。完全習得制度が採用されており、各人の進捗を確認し、わからない部分をゼロにしながら進めてくれます。まさに手取り足取り。スクールは午前11時から午後22時まで空いており、入り浸れます。



就職先企業は最近よく耳にするWebベンチャーが多め。Rubyでの開発案件が主で、学んだものを即現場で活かせます。Ruby自体は近年、案件自体も徐々に増えてきているので、その後のキャリアでも活用できるはずです。


ちなみに、元々は株式会社インフラトップが運営していましたが、2018/11/22にDMM.comに買収され、DMMグループの傘下となりました。買収の決め手は就職決定率の高さだそうです。DMMグループのネットワークも手に入れたWEBCAMPが、現状、就職決定力においては最強かもしません。

POINT

完全学習制度による学習サポートと就職支援により、就職率98%を誇る。全額返金保証付き。

▼ 詳細はこちら

いますぐ登録したい方はこちら


No.4 プログラマカレッジ/エンジニアカレッジ



プログラマーコース インフラエンジニアコース
学べる技術 HTML/CSS,Java,PHP Shell,サーバ/NW
期間 最短3ヶ月 最短2ヶ月
価格 無料 無料
受講形式 オフライン オフライン
受講条件 20代(非学生) 20代(非学生)
教室 東京(半蔵門) 東京(池尻大橋)
特徴 完全無料! 完全無料!

就職できるプログラミングスクールを選ぶなら外せないのがプログラマカレッジGEEK JOBと同様、なんせ「無料」なのが強いですね。


東京の半蔵門か池尻大橋に通える人限定なので、地方在住者は利用できないんですが、正直、エンジニアを目指すなら上京してこのスクールを受講するでも全然お釣りがくるレベルと思ってます。それくらい高品質なサービスです。


まず、プログラマカレッジでは3ヶ月のIT学習から就職サポートまで一切費用はかかりません。しかも、運営母体のインターノウス株式会社は転職エージェントとして最大手に位置しており、就職サポート力も圧倒的。


技術のトレンドを押さえた緻密なカリキュラムを、実際にチーム開発を行う実践形式で進めていくため、リアルな現場を体験することができます。さらに、プログラマーだけでなくインフラエンジニア向けカリキュラムも整備されているという用意周到さ。※インフラエンジニア専門コースはエンジニアカレッジ


また、仕事終わりにスクールに通うスタイルでの受講も可能であり、ほとんど悪い点が見当たらないスクールとなっています。強いて言うなら、「無料であるがゆえの受講生の質の低さ」、は上げられるかもしれません。離脱率も比較的高く、音信不通クンもたまに現れます。


あとは、学ぶ言語が主に、PHP,Javaで、業務系の案件の参画を想定した技術選定であることは注意しておいた方が良いかもしれません。業務系の案件は非常に数が多く、まず食えなくなることはないし単価も高いのですが、メーカーや金融系、官公庁系の案件なども多く、お堅めです。


あまりノマド的なワークスタイルにはなりにくいので、「自由にやりたい!!」みたいな方はWeb系の言語が学べる、TECH::EXPERTポテパンキャンプを選ぶと良いでしょう。


POINT

カリキュラムの精度、メンターの技術力、就職サポート力、どれをとっても無料とは思えない品質。まず検討したいスクール。

▼ 詳細はこちら

いますぐ登録したい方はこちら


No.5 ポテパンキャンプ



キャリアコース ビギナーコース
コース オリジナルECサイトの作成 オリジナルECサイトの作成(その前に1ヶ月間Railsのチュートリアルを学習)
学べる技術 HTML/CSS,Ruby on Rails HTML/CSS,Ruby on Rails
期間 3ヶ月 4ヶ月
価格 250,000円(税別)※条件を満たせば無料 300,000円(税別)※条件を満たせば54,000円
受講形式 オンラインのみ オンラインのみ
受講条件 年齢制限等はないが少々厳しめの審査あり 年齢制限等はないが少々厳しめの審査あり
教室 東京(渋谷) 東京(渋谷)

ポテパンキャンプを運営するポテパン株式会社は、ポテパンキャリアという転職エージェントも同時に運営しており、エンジニアの教育から就職サポートまでワンストップで展開しています。オンライン教材「Ruby on railsチュートリアル」とも業務提携し、万全の体制。


そして何と言っても料金が安い。就職に成功し、その後3ヶ月間働けば、受講料のうち250,000円(税別)分が返ってきます。全3ヶ月の「キャリアコース」であれば、実質無料になるという。


また、年齢制限もありません。その分、面談の時点で、最後までやり切れる人を選別します。また、未経験からのエンジニア転職の花形とされる、「自社内開発案件への配属」を約束しているので、この審査のハードルも結構高いです。


また、完全オンライン受講のみとなったのでモチベーションのセルフマネジメントは必須です。


ただ、審査を通るぐらいのポテンシャルある人であれば余裕で継続できるだろうし、他のどのスクールよりもポテパンキャンプの教育品質は高いと思います。エンジニア目線で言えば。


メンターは全員現役のエンジニア。というか、スタートアップのCTOとかいます。そんなフルスタックエンジニアが、受講生1人につき3人アサインされます。超豪華。コードレビューなんかは現場さながら。キャリアサポートも実際のエンジニア経験者だからこその丁寧なサポートを実現しています。


おそらく、メンターのスキルレベルはここが一番。


学べる言語はRubyで、仕事の数で言えば最もメジャーな言語であるJavaにはおよびませんが、Ruby案件は比較的自由な働き方がしやすいというメリットがあります。


あと、代表もかなりサポートに入ってくれて好印象。業界内でのRubyの浸透具合とともに、実績もすごい勢いであげてきていますね。


POINT

受講生1人につき3人のフルスタックエンジニアがメンター。就職成功すれば授業料キャッシュバック。転職エージェントサービスもワンストップで提供。

▼詳細はこちら

いますぐ登録したい方はこちら


プログラミングスクール選び方のコツ

身も蓋もない話ですが、スクールで習得できるようなITスキルなんて大したものではないです。就職して現場に入ってしまえば、スクールで積み上げてきたものはなんだったのかと思えるくらい新しく覚えることの連続です。


だからこそスクール選びは、プログラミングの基礎の基礎を完璧に理解できるまで徹底的にサポートしてくれるかどうか、チーム開発やコードレビューといったエンジニアの「お作法」を学べて、現場で一人でも機能できるように教育してもらえるかという点以上に、


スクールのハード面での特色に各人のニーズを照らし合わせて考えてみることをおすすめします。


選び方としては、以下の基準が良いと思っています。↓

意思が弱くIT学習経験もない人 ライザップ式スパルタ「TECH::EXPERT
最短でエンジニア就職したい 完全無料かつ最短スケジュール「GEEK JOB
費用は抑えたいがしっかり勉強はしたい 完全無料かつ抜群の就職サポート「プログラマカレッジ
確実に希望通りのエンジニア就職を決めたい 圧倒的な就職決定率とDMMグループのパイプ「DMM WEBCAMP
未経験でもとことん高みを目指して自社内開発に進みたい 圧倒的技術力のメンターを配置「ポテパンキャンプ


この他にも、実際に会ってみてメンターや他の受講生の雰囲気が合わない場合などもあるでしょう。初期の学習次第で今後のプログラミングへの向き合い方は大きく変わる可能性があるので慎重に。少なくとも、2~3つほどスクールをチェックし、無料カウンセリングを受けるなどしてから決めることをオススメします。


さいごに:エンジニア転職で少ない労力で大きな利益を

未だに「努力すれば稼げる」といった精神論を唱える人もいますが、実は努力することと稼ぐことはあまり関係ありません。単に、お金が流れている場所に身を置いている人が稼げるというだけなんです。それがマーケティングの本質。


エンジニアという職業には今、たくさんのお金が流れています。人数が足りてないので、エンジニア一人あたりの単価が高騰してるんです。二流だろうが三流だろうが、必然的に儲かってしまう世界。フリーランスエンジニアになれば、2年程度の現場経験でも年収1000万円目指せますからね。


そして、エンジニア不足はその傾向を強め、ますます社会に求められる存在となっていきます。今でこそ20代の若手が優遇されていますが、そのうち30代、40代にも仕事が回ってくるでしょう。これは日々新しいWebアプリが登場している様子を見れば、誰しも肌感覚でわかる事実ではないでしょうか。


そして、驚くべきは、ほんの数ヶ月プログラミングスクールで技術の基礎を学ぶだけで、誰しもエンジニアになれてしまうということです。このチャンスを活かさない手はないなと。


今の仕事にもし不満があるなら、今すぐにでもエンジニアという仕事を検討してみてください。特に20代はいますぐ行動した方が良いと思います。就職サポート付きのスクールは20代を優遇しますからね。


「もっと早くエンジニアになっておけば良かった」と後悔する前に。

いますぐフリーランスエンジニアになろう

● フリーランスエンジニアってかなりの技術力が必要じゃないの?
● フリーランスエンジニアって営業力が必要なんじゃないの?
● フリーランスエンジニアって不安定なんじゃないの

これらは全部誤解です。2~3年の現場経験があれば十分通用するし、年収800万円以上の高報酬でかつ、自由な働き方をチョイスできるのがフリーランスエンジニアという働き方。ここではエンジニアをサポートする最強の5社をまとめてみたので、ぜひ現役エンジニアの方はご一読ください。

詳細はこちらから

おすすめの記事